妊娠中、何キロまで増加OK?

最近出産した友達、体重増加は7kg。別の友達は15kg・・・。
人によってそれぞれだけど、一般的には10kgまでって言われてるような。

 

実際に増加する重さは臨月の赤ちゃんの体重が約3kg・胎盤が約400〜500g、
羊水を入れて約5kg。
それに加えて妊婦さんの身体にはいろいろ変化が起きていて、例えばお腹の赤ちゃんにも
血液を送るため循環血液量が非妊娠時の3〜4割増加、さらに母乳の栄養を蓄えるため皮下脂肪も。
これらを合わせ、臨月には少なくとも7〜8kg体重が増加することになるんだって。

 

ちなみに推奨体重増加量の上限は12kg。
その差4kgは、数日もかかる出産を乗り切るためと、産まれた赤ちゃんを昼夜問わず
世話するためのエネルギー。
それに体重は適度に増加した方が、母乳もよく出るだって。

 

とは言え12kg以上太ってしまうと、母体にも赤ちゃんにもリスクが。
例えば微弱陣痛になりやすくなったり、出血が多くなったり、赤ちゃんが糖尿病に
かかりやすくなったり。
太り過ぎによって起こるトラブルを避けるためにも、体重管理は妊婦さんにとってとても重要だよ。

 

体重管理の基本は、妊娠前と同じ食事と運動。
妊娠中はダイエットすることは考えず、間食を控えて適度な運動をすること。
月に1kg増量を目安にね。


【お気に入りリンク】 ノアエルグランドレクサスRX

 

コーヒー好きだけど、飲んじゃダメ?

わたしの親友は大のコーヒー好き。
朝起きたらまずコーヒー、仕事中もデスクにコーヒー、ランチの後にもコーヒー、
もちろんディナーの後もコーヒー。
1日に最低でも4〜5杯は飲んでた彼女が、最近妊娠したからさあ大変。

だって妊娠中はカフェイン摂っちゃダメなんだよね?

 

妊娠中は非妊娠中に比べてカフェインを分解するのに時間がかかるし、
胎盤を通じて赤ちゃんにも移行しちゃうし。
しかも多量のカフェインを摂取すると流産や死産のリスクも高まるとか・・・。

 

でもね、それはあくまでも多量に摂取した場合のこと
(例えば1日に8杯以上のコーヒーを飲んだり)。
例えば1日に1〜2杯程度のコーヒーや紅茶・緑茶なら、それほど心配はいらないらしいよ。

 

それに我慢し過ぎてそれがストレスになるくらいなら、おいしくカフェインを摂取した方が
よっぽど赤ちゃんのためになるよね。
だってストレスはカフェイン以上に赤ちゃんに良くないものだもの。

 

最近はカフェインレスのコーヒーやハーブティーなんかも登場してるから、
こうゆうのを利用するのもいいかもね。
ちなみにわたしは夜寝る前にコーヒーが飲みたくなった時、カフェインレスのを利用するけど
味はレギュラーコーヒーとまったく変わらないよ。
今度親友にはおいしいカフェインレスのコーヒーをプレゼントしてあげよう。

© 2012 子供とのふれあい日記. All rights reserved.